木田金次郎(1893-1962)は、生涯のほとんどを故郷・岩内で過ごしました。 木田が生涯岩内で描き続けたのは、有島武郎との出会いと示唆があったからといわれています。 「東京に出たい」という木田の想いに対して、有島は木田 […]

故郷である岩内で生涯描き続けた木田金次郎(1893-1962)、その作品は、多くの人たちに親しまれてきました。12年前に木田金次郎美術館が開館してからは、制作の地である岩内で多くの作品をご覧いただき、北海道を代表する画家 […]

1994(平成6)年、町民の熱心な設立運動が実を結び、木田金次郎美術館が開館しました。 以来13年、画家の故郷と制作現場にある美術館として、全国の皆様に木田金次郎の魅力を発信してまいりました。 木田金次郎のファンは全国に […]

木田金次郎(1893-1962)は、生涯にわたり故郷である岩内で描き続けた画家です。 今日にいたるまで、この町は「絵の町・岩内」として、絵を描く人たちが多い町であるといえます。 その礎には、木田の存在と、「岩内派」と呼ば […]

平成20年度特別展示 木田金次郎の時代「木田金次郎と1950年代」展を開催いたします。 木田金次郎(1893-1962)が故郷・岩内で画壇と距離をおいた制作を続けたことは、独自の輝きをもって、今日高く評価されています。そ […]

地方に住むことによって、技術の取得にハンディがある反面、 まよわずに風土に根を下ろせるのは強みとなろう。 (木田金次郎「風土に根を下す」『北海タイムス』1957年6月17日) 木田金次郎( 1893-1962 )は、故郷 […]

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る