木田金次郎作品の主要なコレクションは、札幌市内に複数存在します。そのひとつに、北海道立近代美術館のコレクションが挙げられます。これは木田文子夫人が、木田の没後、二十三回忌にあたる1984(昭和59)年に、北海道に寄贈した […]

春の企画展 「いろはに木田金次郎」 を開催いたします。  木田金次郎(1893-1962)は、いまから100年前に、有島武郎より「その地に居られてその地の自然と人とを忠実に熱心にお眺めなさる方がいいに決まって居ます」とい […]

秋から冬を迎える企画展 「木田金次郎あいうえお」 を開催いたします。  木田金次郎(1893-1962)は、いまからちょうど100年前に、有島武郎より「その地に居られてその地の自然と人とを忠実に熱心にお眺めなさる方がいい […]

木田金次郎(1893-1962)は、東京からも、札幌からも遠く離れた岩内の地で、一貫して制作を行ってきました。画壇とも距離を置いていた木田が、岩内で画業を全うすることができたのは、風光明媚な岩内の風土と、自身の確固たる意 […]

木田金次郎美術館では、これまで風景や花などのモティーフに焦点を当てて紹介することは数多く行ってきましたが、このたび、はじめて「肖像」をテーマに据えることといたしました。 現在判明している木田金次郎による「肖像画」は、十点 […]

2016年7月7日(木)~11月6日(日) 展示室1~3  木田金次郎美術館では、これまで風景や花などのモティーフに焦点を当てて紹介することは数多く行ってきましたが、このたび、はじめて「肖像」をテーマに据えることといたし […]

木田金次郎(1893-1962)の作品を収蔵・展示している、木田金次郎美術館。ときおり、来館された方から、木田金次郎作品の額縁について、質問を受けることがあります。   当館の収蔵作品につけられている額縁は、一見して年代 […]

岩内町にとって、そして木田金次郎にとって、昭和30年代は、「岩内大火」からの復興からはじまりました。1954(昭和29)年9月の岩内大火は、町の大半を焼き尽くし、住民の8割が家を失う大惨事でした。木田金次郎もこの時、住ま […]

春の企画展 「木田金次郎 百花繚乱」 を開催いたします。   木田金次郎(1893-1962)にとって、「花」は風景画と同様に、重要なモティーフといえます。このことは、初期から晩年に至るまで、花を描いた作品が存在すること […]

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る